一酸化窒素(NO)の重要性

1998年のノーベル生理学医学賞は『一酸化窒素の生体内作用の発見』に貢献した3名のアメリカン人医師に与えられました。一酸化窒素(NO)は非常に単純な物質であり、通常はガスとして存在しますが、その単純な物質が様々な作用をもって生体内を制御していることが、彼らによって発見されたのです。その後、一酸化窒素が、筋や血管の収縮弛緩及び脳などでの神経伝達物質としても作用していることが解明されました。副鼻腔は生理的に重要な一酸化炭素の産生の場であり、鼻アレルギーや副鼻腔炎などの疾患において病態診断のパラメータとしての有用性が期待されております。人間の加齢過程において、この一酸化窒素生産活動は減少をたどり、睡眠障害・心血管疾患・認知症など種々の問題を引き起こす要因になる事も稀ではありません。すなわち、体内の一酸化窒素濃度を向上させる・維持させる事によって、多くの疾患や体調不良を多く改善できる事が容易に考えられます。

​ハミングマスク誕生の由来

Development of the Humming mask.

通常、高山病になるような高度で暮らすチベットの修道士達は、長時間ハミングをしながら瞑想をする事によって、血中の一酸化窒素の濃度が普通の人よりはるかに高い事が知られています。健常人10人を対象とした実験で、ハミング下では通常の鼻呼吸下と比べ、鼻腔内の一酸化窒素(NO)濃度が15倍に上昇したという結果が報告されています。鼻は一酸化窒素の貯蔵庫になっている為、鼻呼吸を行う事で、殺菌や消毒、血管を拡張させる作用のある一酸化窒素がヘモグロビンと結合し、体内に取り込まれます。その結果として様々な体調の改善が見られるわけです。科学的研究によって、一酸化窒素が私たちの免疫システムを強化し、細菌・ウイルスなどの外敵から私たちを保護してくれる事が証明されています。下記のリンク・映像で一酸化窒素・ハミング・鼻呼吸の健康への効用をご紹介致しております。(英語のみ)是非、参考までにご覧ください。

​ハミングマクスの効用

Demo of the Humming Mask

ハミングマスクは、頭部5箇所(額に2箇所・頬骨に2箇所・鼻骨に1箇所)に低周波(90〜120ヘルツ)の振動を送ります。 正確な周波数により副鼻腔でこの振動が共鳴し、一酸化窒素の産生を助長します。ハミングマスクには、振動の正確な周波数に加え、強度やタイミング、振動が触れる場所がきちんとプログラムされております。ハミングマスクを装着していただければ、チベットの僧侶の皆さんのように長時間瞑想しハミングを自分で行う必要はありません。30分未満のご利用で十分な一酸化窒素の産生がサポートされます。古代の伝統的な方法は、今ハミングマスクによって現代の技術となりました。ハミングマスクは、多くのユーザーの方を考慮した商品です。お子様や体の弱い方、またスポーツ後に疲労回復なさりたい方、加齢が気になる方など、幅広い皆様にリラックスしている時間を利用して、簡単に使用して戴けます。

サイトマップ
オファー
サービス
ソーシャル
  • Instagram
Logo new-2020 small.JPG

© 2019-2020 by Vital Health Inventions LLC.

Direct Contact:

-
-

+1- (714)-350-3924

United States - Florida

+31- (0)624524564

Europe - The Netherlands

+63-9176373873

Asia - The Philippines